治療の方法

うつ病の治療は、大きく分けて2つの方法から治療を行ないます。薬物療法と心理療法です。薬物療法では抗うつ剤の他、抗精神薬、必要に応じて睡眠導入剤なども使用します。抗うつ剤は、脳の神経伝達物質の再吸収を促す性質を持っており、服用することで脳の神経伝達物質の働きが促進されるのです。うつ病が起きるメカニズムとして、脳を活発に働かせる神経伝達物質の欠乏という特徴があります。欠乏する神経伝達物質は、セロトニンやノルアドレナリンなどが挙げられ、これらが不足することにより強い倦怠感ややる気が起きないなどの症状が現れるのです。こうした神経伝達物質が働かなければ、脳の働き自体が抑制され、幸福を感じるエンドルフィンやドーパミンなどの分泌量も低下します。その結果、強い不安感やネガティブな感情などが現れるようになるのです。抗うつ剤は、こうしたうつ病患者が不足させる脳の神経伝達物質をより伝達させやすくすることで、脳の機能を回復させる効果があります。伝達物質の分泌される量自体が低下したうつ病ですが、神経伝達物質を受け取る部位、シナプスに吸収されなかった伝達物質を再び吸収させやすくする効果が抗うつ剤にはあるため、抗うつ剤を服用することで神経伝達物質を受け取りやすくなるのです。抗精神薬は、こうした抗うつ剤の治療効果を高める働きを持っています。服用することで。ドーパミンなどの働きを調整させる作用があるため、精神状態をより安定させた上で、抗うつ剤による神経伝達物質の再吸収をスムーズに働かせる効果があります。睡眠導入剤は、うつ病特有の不眠を改善させるために利用されます。うつによる不安感によって眠れなくなってしまうことで、睡眠不足から神経伝達物質などによる脳の働きの抑制がさらに増強されてしまうのです。睡眠導入剤によってこうした睡眠障害に対応することにより、睡眠不足による影響を解消することができるため、抗うつ剤などの治療効果をさらに高めることができるでしょう。

心理療法では、うつ病を発症させる原因となる問題を解消することが目的で行われます。カウンセリングなどを行ない、うつを発症してしまった根本となる原因を患者さんに理解させることで、うつの症状を効果的に治療することができるのです。うつ病は、主に本人が抱えた精神的なストレスが原因となるため、こうした心理的な治療法がとられるのです。心理療法では、治療を受ける本人にきちんと自分の病と向き合わせる事も大事なことです。多くのうつ病患者は、自分の病について深く考えてはおらず、それほど重大な状態ではないだろうと考えてしまい、うつの症状を悪化させてしまいます。心理療法では、こうした患者にうつ病である事を自覚させ、改善に必要な目標をもたせてくれます。うつ病はすぐに治る病ではなく、治療を終えた後も再び再発してしまう事もある病です。治療に向け努力を行ない、再発防止に向けきちんとした道筋を決めることで、満足できる治療効果を得られることでしょう。