こんな方法で治療しております

ピックアップ

人それぞれのリスク

うつ病は、罹りやすい人と罹りにくい人がいます。大らかな性格の人は抱えるストレスも少ないためリスクは低くなりますが、うつにならないわけではないため、気になる症状があれば心療内科で診察や治療を受けましょう。

もっと読む

女性特有のうつ

男性に比べ、女性はうつのリスクが高いものです。女性ホルモンの影響により体調が大きく変化する女性はストレスを抱えやすく、うつになりやすいといえます。心療内科に相談することで、深刻な症状を引き起こす前に治療が行えるでしょう。

もっと読む

高齢者も罹りやすい

高齢者の人は、若い世代に比べうつ病に罹りやすい傾向にあります。趣味といえるものもなく、毎日空虚に過ごしている人などはこうしたうつのリスクが高く、次第に痴呆症のような症状に陥る事もあるため、きちんとした治療が必要なのです。

もっと読む

深刻なうつの症状

うつ病の治療方法は、知っておいたほうが良いです。知っていれば対処も早くなり、結果的に早く良くなるからです。

うつ病を治療してくれる病院がコチラで検索できます。|うつ病サプリ

うつ病は、一昔前までは社会通念的に病気とは思われていないものでした。症状が起こる原因も分からず、体の状態はいたって健康であるにも関わらず、本人だけがつらさを訴えているため、単なる仮病であろうと考える人が多くいたのです。しかし、現在ではこのうつ病は深刻な病として認知されつつあります。うつ病に罹ることで、誰しも気分が大きく落ち込んでしまいます。気分の落ち込みによる症状は、単純な気持ち上の浮き沈みだけではなく、強烈な倦怠感に加えやる気が起きないなどの症状が現れます。うつ状態ともなると、人生経験上のネガティブな思いも蘇ります。嫌な想い出や辛い記憶が頻繁に蘇ることで、次第に自虐的な考えが芽生えるようになり、最終的には自殺願望まで抱かせる病となるため、こうしたうつ病による問題は人の命にも関わる病となるのです。

うつ病を治療するために、利用することができるのが心療内科です。心療内科での治療方法は、丁寧なカウンセリングによってうつ病の元となる精神的な問題を特定し、その問題を解決するための道筋を示してくれます。うつ病の多くは、精神的な問題が引き金となった発症するものです。仕事上の問題やプライベートでの出来事など、人が強いストレスにさらされる事態に陥るきっかけは多くあります。うつ病は強いストレス下で発症するため、ストレスの原因を丁寧なカウンセリングで洗い出し、うつ病の元である問題を患者さんと向き合うことで、どのような方法で問題を解決すべきか、患者さん自身が解決法を導き出すのを手助けするのです。うつ病などでのカウンセリングは、医師が直接助言を与えることはできません。医師の助言に従わせることは、うつによって心神耗弱の状態に陥っている患者さんに対してよい結果をもたらさないでしょう。医師はあくまで治療の手助けを行なうものであるため、例え正しい答えだとしても、患者さんに自分の考えを押し付けるような真似はできないのです。カウンセリングでは、医師が患者さん自身に解決を促させることができるため、また同じようなトラブルに直面した時も、冷静に対処することができるでしょう。きちんとした問題解決が出来るようになれば、ストレスを感じる事もなくなり、自分に自信が持てるようになるため、うつ病が再発するリスクを低減させることが出来るのです。

治療の方法

うつ病の治療は、薬物療法と心理療法の2つのアプローチによって治療します。抗うつ剤の使用で脳の働きを促進させ、さらに心理療法によってうつの原因を特定し、改善させる道筋を示すことで、治療と再発防止を行うことができるでしょう。

もっと読む